御社のネットショップにお客様を集め、商品売上、商談申し込みなど望む反応を上げるためのコンサルティングを行う、ECコンサルタントJP

マーケティング、コンサルティングコラムGooglegaが推奨するサイト制作方法

6月12日付のGoogle Webmaster Central Blogに大変重要な記事が出ました。

~~~~~~~~
スマートフォンの普及が現在急速に進んでおり、それに合わせてスマートフォンに最適化されたコンテンツも日々増えています。私たちは以前、Google 検索と相性の良い携帯電話 / スマートフォン向けウェブサイトを運営する方法 をご紹介しましたが、その後も Google は、スマートフォンに最適化されたコンテンツの対応の向上に努めてきました。

その取り組みの一環として、スマートフォン専用コンテンツを識別する方法として、2011年12月に スマートフォン版 Googlebot-Mobile を導入 しました。

そして今回、Google がお勧めするスマートフォンに最適化されたウェブサイトの構築方法、そしてデスクトップとスマートフォンにそれぞれ最適化された両方のサイトが Google の検索結果で良い結果が得られるような方法を説明したいと思います。

スマートフォンに最適化されたサイト構築の推奨方法 私たちの推奨する方法の詳細については、こちらのサイト(英語)でご確認ください。

簡単に要約しますと、スマートフォンに最適化されたサイトを構築する際に、Googleは、次の 3 つの構成をサポートしています。 レスポンシブ・ウェブデザインを使用しているサイト、すなわち、すべてのデバイスに単一の URL で同じ HTML を提供し、CSSを使用してデバイスごとにデザインを変更するサイトです。こちらが Google の推奨する設定方法となります。

すべてのデバイスに対し単一の URL で、ユーザーエージェントに応じてデスクトップ用かモバイル用かなどを判断して動的に異なる HTML と CSS を提供するサイト。 モバイル用のサイトとデスクトップ用のサイトを別々に構築しているサイト。
~~~~~~~~~~~
(ここまで引用)
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/06/google.html


iPhoneやiPad、Androidの普及により、パソコン以外でネットを見る方は爆発的に増えていますが、スマートフォンでネットを見ると、パソコンで表示される画面がそのまま縮小されてしまい、ピンチアウトで拡大しないと見づらい状態になってしまうこともあり、PC用サイトとは別にスマートフォン専用のサイトを構築する企業が多くなって来ました。

今回のGoogleの記事は、PC、スマートフォン別々に専用サイトを構築する(URLが2つになる)方法ではなく、レスポンシブデザイン(すべてのデバイスに対して常に同じHTMLコードを送信し、CSSのmediaクエリを用いて画面の表示をデバイスに合わせる手法)を推奨する、と明言しました。

日本では、Yahoo!もGoogleの検索エンジンを導入していることもあり、Googleのシェア率は80%を超えます。ということは、検索エンジンが推奨する方法がわかっている以上、運用体系上導入が難しいケースもありますが(その場合、ユーザーを最優先に考えて欲しいとも述べています)可能な限りレスポンシブデザインで作るべきでしょう。

というか、しないとまずいですね。

あなたのサイトは対応できていますか?